このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

「独占禁止法に関する相談事例集(平成18年度)」の公表について(平成18年度・目次)

はじめに

はじめに

1 「独占禁止法に関する相談事例集」について

2 相談制度の概要

3 独占禁止法に関する相談件数

4 相談事例集の内容及び性格

5 過去の相談事例

相談事例

[流通・取引に関するもの]

1 重大事故を防止することを目的として行われる原価割れ販売

 一般ガス(いわゆる都市ガス)の供給業者が,一酸化炭素中毒による重大事故を防止する観点から,不完全燃焼防止装置が装備されていないガス機器を使用する者に対し,不完全燃焼防止装置付きのガス機器への買替え需要を喚起するために,供給に要する費用を下回る価格で不完全燃焼防止装置付きのガス機器を販売することは,直ちに独占禁止法上問題となるものではないと回答した事例

[共同行為に関するもの]

2 競合する旅行販売業者間の共同商品企画

 旅行販売業者2社が,一部の旅行商品の共同企画・実施を行うことは,独占禁止法上問題となるものではないと回答した事例

[事業者団体の活動に関するもの]

3 会員の商品に事業者団体の指定保険を付帯させる行為

 水上スポーツ車両のメーカー及び販売業者の団体が,水上スポーツ車両の傷害保険加入者を増やすため,当該団体の会員メーカーに対し,水上スポーツ車両の販売時に当該団体が指定する特定の保険会社の1年間の損害補償保険を商品に付帯して販売させるようにすることは,独占禁止法上問題となるおそれがあると回答した事例

4 事業者団体による規格に係る活動

 ジェット燃料の供給事業者の団体が,規格等の内容や実施方法等を協議することは,直ちに独占禁止法上問題となるものではないと回答した事例

5 事業者団体による社会公共的な観点から策定された自主基準の遵守

 二輪車用品のメーカー及び販売業者の団体が,会員が製造・販売する二輪車用マフラーについて,社会公共的な観点から,合理的に必要とされる範囲内で製造・販売に関する自主基準を設定し,かつ,会員事業者に同基準の遵守を義務付けることは,直ちに独占禁止法上問題となるものではないと回答した事例

6 事業者団体による会員に対する経営指導

 自動車・産業用機械の部材・部品メーカーの団体が,会員に対して原価計算や見積りに係る経営指導を行うことは,直ちに独占禁止法上問題となるものではないと回答した事例

7 事業者団体によるリサイクルシステムの構築

 印刷業者の団体が,産業廃棄物の処理及び再資源化を促進するため,リサイクルシステムを構築することは,直ちに独占禁止法上問題となるものではないと回答した事例

公正取引委員会における事前相談制度の概要

公正取引委員会における事前相談制度の概要

相談窓口一覧

相談窓口一覧

全体版

独占禁止法に関する相談事例集(平成18年度)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成19年公表

  • 「独占禁止法に関する相談事例集(平成18年度)」の公表について(平成18年度・目次)
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る