このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

平成23年2月1日(火曜)発行 第91号

1.事務総長定例記者会見

1月26日 平成22年の審決について

 平成22年には41件の審決を行っております。これらのうち,入札談合やカルテルなど,独占禁止法第3条後段違反に係る審決が31件,そのうち22件が課徴金納付命令に係る審決です。これら以外では,不公正な取引方法として独占禁止法第19条違反に係る審決が1件,景品表示法違反事件に係る審決が9件あります。
 このうち,本日は,裏側のページの33番から37番と書いております三菱重工業株式会社ほか4名に対する件,これは地方公共団体が発注するストーカ炉, ごみ処理施設建設工事の入札談合事件のことですが,この件に係る課徴金の納付命令の審決について簡単に御紹介したいと思います。
 この事件は,課徴金の額の総額が約270億円,正確な数字で申し上げると269億9789万円と事件単位では過去最高の金額となったものです。
 独占禁止法は,第7条の2第1項において,事業者が商品や役務の対価に係る不当な取引制限,この不当な取引制限というのはカルテルや談合のことをいいますが,不当な取引制限をした場合には,公正取引委員会は事業者に対して当該違反行為の実行としての事業活動が行われた期間における当該商品や役務の売上額 に一定の算定率を掛けて計算された額に課徴金の納付を命ずる旨を規定しています。
 本件審決においては,被審人の5社がそれぞれ落札したストーカ炉の建設工事が当該役務に該当するか,具体的に言いますと,どの工事が課徴金納付命令の算 定対象となるかということが大きな争点の1つでした。
 審決は,入札談合の場合の当該役務とは,基本合意の対象となった役務全体のうち,個別の入札において基本合意の成立により発生した競争制限効果が及んでいると認められるものをいうと解するべきであり,個別の入札において基本合意に基づいて受注予定者が決定されたことが認められれば,競争制限効果が及んでいると認められ,個別の入札に係る工事は当該役務に該当するものと認められると判断しました。
 その上で,本件においては,証拠から認められる事実に加えて,本件合意に参加し,本件合意の詳細を最もよく知る立場にある被審人において,いまだに本件合意及び本件違反行為の存在を否定し,本件合意の詳細を明らかにしないことをも総合考慮すると,本件合意は地方公共団体が発注する全てのストーカ炉の建設工事を受注調整の対象とするものであったと推認するほかなく,地方公共団体が発注するストーカ炉の建設工事で,かつ5社のうち,いずれかが入札に参加して受注した工事については,何らかの特段の事情がない限り,本件合意に基づいて5社間で受注予定者が決定され,本件合意によって発生した自由な競争をしないという競争制限効果が個別の工事に及んでいたものと推認するのが相当であると判断しました。
 被審人らは,本件特段の事情として,入札参加者にアウトサイダーが含まれていたことなどを主張しましたが,アウトサイダーが存在していたという事情のみでは5社間で受注予定者を決定することの障害となるものではないため,本件特段の事情には当たらないと判断しています。そして,本件審判に提出されている全証拠を総合しても,本件特段の事情を窺わせるに足りるだけの事情を認めることはできないとして,本件各5社がとった,受注したそれぞれの工事はいずれも課徴金算定の対象になるものであると判断しております。
 なお,被審人5社のうち,三菱重工業株式会社,川崎重工業株式会社に対する審決は,それぞれ確定しておりますが,JFEエンジニアリング株式会社,日立造船株式会社及び株式会社タクマの3社に対するそれぞれの審決につきましては,当該3社から審決の取消しを求める訴えが提起され,現在,東京高等裁判所に係属しております。

http://www.jftc.go.jp/houdou/teirei/h23/01_03/kaikenkiroku110126.html

2.報道発表 【平成23年1月24日~平成23年1月28日】

下請法(違反事件)

 1月27日

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

<発行>
公正取引委員会事務総局官房総務課広報係
〒100-8987東京都千代田区霞が関1-1-1中央合同庁舎第6号館B棟
メールマガジンに関する御意見・御要望はこちらまで。
https://www.jftc.go.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=goiken
各記事に表示したURLから参照先が表示されない場合には,下記のバックナンバーに掲載されているメールマガジンから再度参照してください。
バックナンバーはこちら
http://www.jftc.go.jp/houdou/merumaga/backnumber/index.html
配信停止はこちら
https://www.jftc.go.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=merumagad

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2011年

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る