このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

平成24年5月22日(火曜)発行 第162号

1.事務総長定例会見

5月16日 ホテル・旅館と納入業者との取引に関する実態調査について

 本日,私からは,ホテル・旅館と納入業者との取引に関する実態調査についてお話ししたいと思います。
 公正取引委員会は,優越的地位の濫用に関して,違反事件については厳正に対処しておりますが,それとともに,平成22年の11月に,いわゆる優越ガイドラインという,どのような行為が優越的地位の濫用として問題となるかということについての考え方を示し,また,個別の業界の実態調査を実施することにより,取引の公正化に向けた取組を進め,違反行為の未然防止に努めているところです。
 こうした優越的地位の濫用の観点から,今般,ホテル・旅館と納入業者との取引について,初めて実態調査を実施いたしまして,その結果がまとまりましたので,本日,公表することとしております。報告書の詳細につきましては,本日午後3時から,担当室長より御説明いたしますので,私からは調査結果のポイントをいくつか御説明したいと思います。
 優越ガイドラインでは,どのような行為が優越的地位の濫用として問題となり得るかということを例示していますが,調査結果を見ますと,ホテル・旅館と納入業者との取引においては,「不要な商品等の購入・利用要請」があったという納入業者からの回答の割合が42.4%ということで,今回の調査におきましては,ほかの優越的地位の濫用につながるような各種の行為に比べますと,例えば,協賛金や従業員の派遣などいろいろありますが,不要な商品等の購入・利用強制が42%と,圧倒的に高い回答となっております。
 具体的には,本日お配りした「(参考)」資料は,納入業者から報告がありました具体的な回答事例をまとめたものですが,例えば,ディナーショーチケットやおせち料理などを何度も購入するように要求されたとか,だれが要請をするかということがポイントになるわけですが,購買の担当者や料理長から購入を要請されて,その際,お付き合いできないのであれば取引を切ると言われたとか,また,イベントチケットなどを送りつけてくるホテルがあるといったような各種の具体的な回答事例がありました。
 また,ホテルや旅館が納入業者を会員とした業者会を作りまして,これを通じて納入業者に対して商品やサービスの購入や利用を要請している事例もありました。
 このように,不要な商品等の購入・利用の要請が多かったという結果が出ましたので,ホテルや旅館におきましては,今回の調査結果を参照していただいて,特に経営トップの方に,こうした実態調査結果があったということを認識していただいて,経営トップの方のリーダーシップの下で,不要な商品等の購入を今後の取引に影響すると受け取られるような要請をしていないか,購買担当者や料理長等の納入業者との取引関係に直接影響を及ぼすような人から購入や利用を要請していないか,また,組織的,計画的に購入・利用を要請していないかといったことをそれぞれのホテル・旅館の内部での取引実態について確認していただいて,優越的地位の濫用につながり得る行為が行われた場合には,自主的に改善を図っていただきたいと考えています。
 また,公正取引委員会としても,今後,ホテル,旅館を対象とする講習会などを実施いたしまして,違反行為の未然防止に努めるとともに,ホテルや旅館の団体に対しまして,会員への周知徹底など業界において取引の公正化に向けた自主的な取組を要請する予定にしております。

http://www.jftc.go.jp/houdou/teirei/h24/04_06/kaikenkiroku120516.html

2.報道発表 【平成24年5月14日~平成24年5月18日】

実態調査報告書

 5月16日
 ホテル・旅館と納入業者との取引に関する実態調査報告書
 (概略図)(PDF:180KB)

 (概要)(PDF:262KB)

 (報告書本体)(PDF:539KB)

3.お知らせ

公正取引委員会の教育支援

 学生向け「独占禁止法教室」~出前授業~
 公正取引委員会では,実務経験を積んだ公正取引委員会職員を中学校・高等学校・大学の授業に講師として派遣し,独占禁止法や公正取引委員会の役割等を分かりやすく説明する「独占禁止法教室」を開催しており,独占禁止法教室を開催する中学校・高等学校・大学を募集しています。
 時期,授業内容等については御相談に応じますので,お気軽にお申し込みください。

 庁舎訪問学習(小・中学生,高校生,大学生)
 公正取引委員会では,修学旅行等を活用した学生向けの庁舎訪問学習を行っています。内容は職場見学と「独占禁止法教室」を通じて独占禁止法や公正取引委員会の役割等について学習していただきます。
 時期,内容及び方法等については,御相談に応じますので,お気軽にお申し込みください。

 消費者セミナー
 公正取引委員会では,消費者に対して,独占禁止法の内容や当委員会の仕事について,クイズやゲームを用いながら分かりやすく説明し,御質問に答える参加型,対話型のイベントの「消費者セミナー」を開催しています。消費者セミナーに参加を希望される方は,5名~10名程度のグループでお申し込みください。
 時期,所要時間等について,調整・検討しますので,お気軽に御連絡ください。本局におきましては,庁舎見学を兼ねて開催することも可能です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

<発行>
公正取引委員会事務総局官房総務課広報係
〒100-8987東京都千代田区霞が関1-1-1中央合同庁舎第6号館B棟
メールマガジンに関する御意見・御要望はこちらまで。
https://www.jftc.go.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=goiken
各記事に表示したURLから参照先が表示されない場合には,下記のバックナンバーに掲載されているメールマガジンから再度参照してください。
バックナンバーはこちら
http://www.jftc.go.jp/houdou/merumaga/backnumber/index.html
配信停止はこちら
https://www.jftc.go.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=merumagad

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2012年

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る