このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

平成24年9月18日(火曜)発行 第176号

1.事務総長定例会見

9月12日 公正取引委員会の平成25年度概算要求について

 本日は,私からは2点,公正取引委員会の平成25年度の概算要求と,毎年実施しています政策評価についてお話ししたいと思います。
 1点目の平成25年度の概算要求についてですが,平成25年度の概算要求額の総額は86億6000万円ということで,前年度と比べると,マイナス 8200万円,0.9%の減となっております。
 平成25年度の概算要求のポイントですが,中小企業に不当に不利益を与える行為の取締り強化ということで,消費税転嫁対策として2億9400万円を要求しております。今般の社会保障・税の一体改革によりまして,平成26年4月から消費税率の引上げが予定されておりますが,中小企業等が消費税を円滑かつ適正に転嫁しやすい環境整備に万全の対策を講じるという政府の取組の下で,消費者に対する広報として講習会を開催する,相談窓口の設置ということで中小事業者向けの移動相談会を実施する,また,転嫁状況に関する監視・検査体制の強化のために時限的に人員を拡大するなど,転嫁状況に関する監視・検査体制を強化するといったことのために必要な額を要求しているところです。
 消費税の転嫁関連対策のほか,重点施策別では,今申し上げた中小企業に不当に不利益 を与える行為ということで,優越的地位の濫用や下請法違反行為の取締り強化,また,厳正かつ実効性のある独占禁止法の運用ということで,価格カルテルや入札談合事案などに重点を置いた要求をしているところです。
 定員要求は55名の増員を要求しておりまして,消費税転嫁対策としては39名を要求しているところです。
 以上が公正取引委員会の平成25年度の概算要求のポイントです。

公正取引委員会における平成24年度の政策評価結果について

 もう一点は,公正取引委員会における平成24年度の政策評価結果ということで,公正取引委員会では,行政機関が行う政策の評価に関する法律に基づいて,毎年度,政策評価を実施しております。
 平成24年度は,平成23年度に実施した公正取引委員会の施策のうち,7件の施策について政策評価を実施いたしまして,先週公表いたしました。これらの政策評価に当たりましては,外部の有識者からなる政策評価委員会を開催し,そこでの意見を踏まえているところであります。また,政策評価の内容については,現在,一般からの意見を募集しているところです。
 今回,実施いたしました7件の政策評価の資料はちょっとかなり分厚い物ですから,本体はホームページなりで御確認いただければと思いますが,本日は,7件のうち独占禁止法違反行為に対する厳正な対処に関する施策の政策評価について御説明したいと思います。
 まず,目標といたしましては,独占禁止法に違反するカルテル,入札談合,不公正な取引方法などに厳正に対処すること,また,不当廉売事件について迅速に対応し,原則2カ月以内に処理するということによって,公正かつ自由な競争を維持・促進することが目標でした。
 そして,その実施状況・評価といたしましては,平成23年度は22件の法的措置を行っておりまして,課徴金額は過去最多だった前年度に次いで,第2位の443億円でありました。
 また,不当廉売の注意件数は1772件,平均処理期間は目標を原則2カ月以内と今申し上げましたが,平均処理期間は2.1カ月ということで,目標の処理期間を若干超えている状態であります。
 また,法的措置による消費者利益の額といたしましては,カルテル,談合といった違反行為が摘発・排除されたことによって,消費者が価格の引上げによって失ったであろう利益を回復できたということで,違反事件として公正取引委員会が法的措置を講じた製品の売上高の10%分の不当利得が5年間継続すると仮定して,それを消費者利益として推計したものです。これを合計いたしますと,約2793億円ということになっております。法的措置件数は22件ですけれども,このうちカルテルが5件,談合が12件なので,この17件について合計した額が2793億円という数字になっております。
 次に,反映の方向ですが,これらの状況を総合的に評価いたしますと,本件の取組は有効で効率的であると評価しておりますが,一方で,法的措置事件の平均処理期間が前年度から3カ月増加しまして,平成23年度の法的処理事件の平均処理期間は15カ月となっております。したがいまして,法的措置事件をより迅速に処理するための取組ということが課題として挙げられております。
 平成23年度に平均処理期間が増加した背景としては,新たに課徴金を課すことになった優越的地位の濫用事件の処理や,海外の競争当局との情報交換を行った事案というものがありますので,そのような性質上,どうしても一定の時間を要する事案に取り組んだためですが,今後ともリソースの有効活用や,職員の審査能力の向上ということで,より迅速な事件処理を進めていきたいと考えております。また,不当廉売の迅速かつ的確な処理ということと,刑事告発事件の積極的な発掘といったことが課題として挙げられております。

http://www.jftc.go.jp/houdou/teirei/h24/07_09/kaikenkiroku120912.html

2.お知らせ

下請法動画「そうだったのか!よくわかる下請法」の公開

 公正取引委員会では,下請法の違反行為の未然防止を図るため,より分かりやすい資料として,下請法の動画を新たに製作いたしました。本動画では,再現ドラマやイラストを活用し,下請法の内容を約30分という短い時間で分かりやすく説明しております。ホームページ上で自由に視聴できますので,是非御覧ください。

http://www.jftc.go.jp/houdou/douga.html

岡山市における一日公正取引委員会の開催について(PDF:604KB)

 公正取引委員会は,独占禁止法等の普及啓発活動や相談対応の一層の充実を図るため,地方事務所等所在地以外の都市において,一日公正取引委員会を開催しており,10月4日に岡山市において一日公正取引委員会を開催いたします。当日は,独占禁止法及び下請法の相談コーナーを設けるほか,独占禁止法・下請法講演会,消費者セミナーを開催いたしますので,是非御参加ください。
 一日公正取引委員会の詳細及び講演会等の申込方法は,こちらを御覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

<発行>
公正取引委員会事務総局官房総務課広報係
〒100-8987東京都千代田区霞が関1-1-1中央合同庁舎第6号館B棟
メールマガジンに関する御意見・御要望はこちらまで。
https://www.jftc.go.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=goiken
各記事に表示したURLから参照先が表示されない場合には,下記のバックナンバーに掲載されているメールマガジンから再度参照してください。
バックナンバーはこちら
http://www.jftc.go.jp/houdou/merumaga/backnumber/index.html
配信停止はこちら
https://www.jftc.go.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=merumagad

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2012年

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る