このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

(平成21年2月3日)シャンピニオンエキスによる口臭,体臭及び便臭を消す効果を標ぼうする商品の製造販売業者に対する排除命令について

平成21年2月3日
公正取引委員会

 公正取引委員会は,「シャンピニオンエキス」(注)と称する成分を使用して口臭,体臭及び便臭を消す効果を標ぼうする商品(以下「本件対象商品」という。)の製造販売業者7社(以下「7社」という。)に対し調査を行ってきたところ,7社が販売する本件対象商品に係る表示が,景品表示法第4条第2項の規定により,同条第1項第1号(優良誤認)に該当する表示とみなされ,同号の規定に違反する事実が認められたので,本日,同法第6条第1項の規定に基づき,7社に対して,排除命令(別添1ないし7排除命令書参照)を行った。
 (注)「シャンピニオンエキス」とは,マッシュルームから抽出した成分を粉末等にしたものである。

1 関係人の概要

事業者名 所在地 代表者

株式会社健康の杜

福岡市中央区大名二丁目10番29号

代表取締役 徳永 英樹

株式会社ベンチャーバンク

東京都渋谷区渋谷二丁目15番1号

代表取締役 鷲見 貴彦

グリーンハウス株式会社

福岡市中央区天神二丁目14番8号

代表取締役 横尾 邦彦

株式会社ディーエイチシー

東京都港区南麻布二丁目7番1号

代表取締役 高橋 芳枝

株式会社協和

東京都福生市東町1番地1

代表取締役 堀内 泰司

株式会社デイ・シー・エス

東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

代表取締役 三浦 竜介

原澤製薬工業株式会社

東京都港区高輪三丁目19番17号

代表取締役 原澤 政純

2 本件対象商品の概要

 本件対象商品は,いずれも,錠剤又はカプセル状の食品であり,水と共に1日に3粒から6粒程度を摂取することにより,口臭,体臭及び便臭を消す効果を標ぼうする商品である。

事業者名 商品名

株式会社健康の杜

爽臭革命

株式会社ベンチャーバンク

養蜂堂シャンピニオンエキス400

グリーンハウス株式会社

楽臭生活

株式会社ディーエイチシー

シャンピニオン

株式会社協和

シャンピニオンミラクル

株式会社デイ・シー・エス

スメルナース

原澤製薬工業株式会社

爽やかエチケット

3 排除命令の概要

(1) 違反行為の概要

 7社は,それぞれ,前記2の商品を直接又は取引先販売業者を通じて一般消費者に販売するに当たり,別表のとおり,商品パッケージ,通信販売用カタログ,新聞広告,新聞折り込みチラシ及びインターネット上のウェブサイトにおいて,あたかも,当該商品を摂取することにより,口臭,体臭及び便臭を消すかのように示す表示を行っているが,当委員会が7社に対し当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ,7社は,期限内に資料を提出したが,当該資料は,当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものであるとは認められないものであった。

(2) 排除措置の内容

ア 前記表示は,一般消費者に対し,実際のものよりも著しく優良であると示すものである旨を公示すること。
イ 再発防止策を講じて,これを役員及び従業員に周知徹底させること。
ウ 今後,同様の表示を行わないこと。

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

公正取引委員会事務総局九州事務所取引課
電話 092-431-6031(直通)
公正取引委員会事務総局経済取引局取引部景品表示監視室
電話 03-3581-3377(直通)
ホームページ http://www.jftc.go.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2月

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る