このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

(平成21年6月10日)平成20年度における中部地区の景品表示法の運用状況

平成21年6月10日
公正取引委員会事務総局
中部事務所

 公正取引委員会は,公正な競争を確保する観点から,消費者の適正な選択を妨げる不当表示及び過大な景品類の提供行為に対して,景品表示法に基づいて厳正・迅速に対処するとともに,類似事件の再発防止や消費者の適正な商品・サービスの選択に資するとの観点から,事件の処理状況及び主要な措置事例を公表している。また,景品表示法の普及・啓発に関する活動を行うなど,消費者取引の適正化に努めている。

第1 景品表示法事件の処理状況

1 概況

 平成20年度においては,レモン果汁100パーセント使用商品の原材料に関する不当表示について排除命令(1件)を行うとともに,下表のとおり,60件の注意を行い,計61件の事件処理を行った。

表1 事件処理件数
事件 排除命令 警告 注意 合計
表示事件 1[ 9] 0[ 1] 55[35] 56[45]
景品事件 0[ 0] 0[ 0] 5[ 7] 5[ 7]
合計 1[ 9] 0[ 1] 60[42] 61[52]

(単位:件)
 (注) [ ]内は平成19年度の件数。以下同じ。

表2 表示事件の内訳
関係法条 排除命令 警告 注意 合計
第4条第1項第1号
(優良誤認)
1[ 9] 0[ 1] 28[20] 29[30]
第4条第1項第2号
(有利誤認)
0[ 0] 0[ 0] 27[15] 27[15]
第4条第1項第3号 0[ 0] 0[ 0] 6[ 3] 6[ 3]

原産国表示 0[ 0] 0[ 0] 3[ 1] 3[ 1]
原産国表示 0[ 0] 0[ 0] 3[ 2] 3[ 2]
合計(延べ数) 1[ 9] 0[ 1] 61[38] 62[48]

(単位:件)
 (注)関係法条が2以上にわたる事件があるため,本表の合計は表1の合計と一致しない。

表3 景品事件の内訳
関係告示 排除命令 警告 注意 合計
懸賞景品告示 0[ 0] 0[ 0] 4[ 5] 4[ 5]
総付景品告示 0[ 0] 0[ 0] 2[ 3] 2[ 3]
合計(延べ数) 0[ 0] 0[ 0] 6[ 8] 6[ 8]

(単位:件)
 (注)関係法条が2以上にわたる事件があるため,本表の合計は表1の合計と一致しない。

2 排除命令

事件名 事件概要 違反法条
平成20年
(排)第48号(平成20年12月5日)
株式会社ポッカコーポレーション
 株式会社ポッカコーポレーションは,「ポッカレモン100」と称するレモン果汁を100パーセント使用した商品のうち,容量300ミリリットル及び450 ミリリットルの商品並びに「ポッカ焼酎用レモン」と称するレモン果汁を100パーセント使用した商品を,取引先販売業者を通じて一般消費者に販売するに当たり,平成20年1月ころから同年8月ころまでの間,商品の容器に「レモンを収穫後すぐに搾汁するので、収穫後防カビ剤(ポストハーベスト)は使用しておりません。」と記載することにより,あたかも,当該商品にはポストハーベストが含まれていないかのように表示していたが,実際には,当該商品の原材料として使用しているレモン果実はポストハーベストの一つであるイマザリルが使用されているものであった。 第4条
第1項
第1号

3 主要な注意事例

(1) 表示事件

ア 第4条第1項第1号(優良誤認)事件
事件概要
【百貨店による羽毛団の原材料に関する不当表示】
 百貨店業を営むA社は,羽毛布団を販売するに当たり,ダイレクトメールにおいて,「詰め物:グースダウン90%」と記載することにより,あたかも,当該 商品にグースダウンが使用されているかのように示す表示をしていたが,実際には,ダックダウンが使用されているものであった。
【飲食店による料理の原材料に関する不当表示】
 飲食店を営むB社は,メニューにおいて,「天然ブリ」,「和牛」及び「かわはぎ」と記載することにより,あたかも,提供する料理にこれらの食材を使用しているかのように示す表示をしていたが,実際には,それぞれ,養殖ブリ,国産ホルスタイン牛及びウマヅラハギを使用しているものであった。
【中古自動車販売業者による修復歴に関する不当表示】
 中古自動車販売業者C社は,中古自動車を販売するに当たり,中古自動車専門雑誌において,「修復歴無」と記載することにより,あたかも,当該車両には修復歴がないかのように示す表示をしていたが,実際には,当該車両は修復歴のあるものであった。
イ 第4条第1項第2号(有利誤認)事件
事件概要
【スーパーマーケットによる商品の送料に関する不当表示】
 スーパーマーケットを営むD社は,新聞折り込みチラシにおいて,「かに宅配無料サービス!かにを3,000円以上お買上のお客様、期間中送料が無料になります。」と記載することにより,あたかも,かにを3,000円以上購入すれば送料が無料になるかのように表示していたが,実際には,一部の店舗においては,送料が無料とならず,クール便の代金を徴収していた。
【寝具の不当な二重価格表示】
 寝具販売業者E社は,寝具を販売するに当たり,ウェブサイトにおいて,「当店通常価格6,750円のところ30%OFF 4,500円(税込4,725円)」と記載し,当店通常価格を比較対照価格とする二重価格表示を行っていたが,実際には,「当店通常価格」と称する価格は,最近相当期間にわたって販売された価格ではなかった。
【寝具の不当な二重価格表示】
 寝具販売業者E社は,寝具を販売するに当たり,ウェブサイトにおいて,「当店通常価格6,750円のところ30%OFF 4,500円(税込4,725円)」と記載し,当店通常価格を比較対照価格とする二重価格表示を行っていたが,実際には,「当店通常価格」と称する価格は,最近相当期間にわたって販売された価格ではなかった。
ウ 第4条第1項第3号事件
事件概要
【衣料品の原産国に関する不当表示】
 価格均一店を営むG社は,衣料品を販売するに当たり,当該商品の包装袋に,「日本製」と記載することにより,あたかも,当該商品は我が国で製造されたかのように表示していたが,実際には,当該商品は大韓民国で製造されたものであった。
【スーパーマーケットによるおとり広告】
 スーパーマーケットを営むH社は,新聞折り込みチラシにおいて,「先着100名様限りサラダ油 1本266円」と記載していたが,実際には,サラダ油を100名が購入できるだけの準備がなされていないものであった。

(2) 景品事件

ア 懸賞景品告示事件
事件概要
【薬局による乗用自動車の提供】
 薬局を営むI社は,「○○フェア」と称して,来店して応募した者の中から抽選により液晶テレビとオーディオ機器のセット(43万3000円相当)を提供することを企画し,新聞折り込みチラシ及びテレビコマーシャルにおいて,応募方法について「※詳しくは、店頭にてご確認ください。」等と表示し,店頭において詳細な応募事項を公表して告知し,これを実施した。(取引価額:100円提供できる景品類の額:最高額2,000円(取引価額の20倍))
事件概要
【クリーニング店による旅行券の提供】
 クリーニング店を営むJ社は,「創立20周年記念」と称して,クリーニング代金1,000円ごとに抽選券1枚を提供し,抽選で10万円分の旅行を提供することを企画して告知し,これを実施した。(取引価額:1,000円 提供できる景品類の額:最高額20,000円(取引価額の20倍)

 (注)「提供できる景品類の額」は,消費税込みの価額である。

イ 総付景品告示事件
事件概要
【カメラショップによるイベント入場招待券の提供】
 カメラショップを営むK社は,自社が主催して行う一般消費者を対象にした写真コンテストを開催するに当たり,自己の店舗においてプリントした六つ切りサイズ以上の写真を3枚以上応募した者に対し,イベントの入場招待券(1枚1,100円相当)を1枚提供することなどを企画し,これを実施した。(取引価額: 1,500円 提供できる景品類の最高額300円(取引価額の10分の2))

 (注)「提供できる景品類の額」は,消費税込みの価額である。

第2 景品表示法の普及・啓発等

1 消費者を対象としたセミナーの開催

 中部事務所は,景品表示法等に対する一般消費者の理解を深め,消費者の適正な商品・サービス選択に資することを目的として,名古屋市(平成20年9月)及び金沢市(平成20年11月)において,一般消費者等を対象に,「私たちの暮らしと景品表示法」と題して,景品表示法等の内容を説明するセミナーを開催した(名古屋市約40名,金沢市約20名参加)。

2 講習会等への講師派遣

 公正取引委員会は,従来,景品表示法の普及・啓発,同法違反行為の未然防止等のために,事業者団体,消費者団体及び地方自治体が主催する景品表示法に関する講習会,研修会等に講師を派遣している。
 中部事務所では,平成20年度において,事業者団体等が管内各地で開催する講習会等に,計12回講師を派遣した。

3 消費者団体との意見交換

 公正取引委員会は,従来,独占禁止法・景品表示法の運用等を適切に行うため,消費者団体との懇談会を開催し,当委員会の活動状況等を説明するとともに,消費者団体と意見交換を行うことにより,適切な政策運営に役立てている。
 中部事務所では,平成20年度において,管内6県下で消費者団体との懇談会を計6回行った。

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

公正取引委員会事務総局中部事務所取引課
電話 052-961-9423(直通)
ホームページ http://www.jftc.go.jp/regional_office/chubu/index.html

本文ここまで

サブナビゲーションここから

6月

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る