このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

(平成24年3月12日)愛知電線株式会社による審判請求の取下げについて(VVFケーブルの製造業者及び販売業者による価格カルテル事件)

平成24年3月12日
公正取引委員会

 公正取引委員会は,平成23年7月22日付けでVVFケーブル(注)の製造業者及び販売業者に対して排除措置命令及び課徴金納付命令を行ったところ,審判請求期限までに富士電線工業株式会社及び愛知電線株式会社からそれぞれ排除措置命令及び課徴金納付命令に対して審判請求があり,独占禁止法第52条第3項の規定に基づき審判手続を開始したが,これら2社のうち愛知電線株式会社から,排除措置命令に対する審判請求について,平成24年2月28日,書面により独占禁止法第52条第4項の規定に基づく審判請求の取下げがあった。
 この取下げにより,同社に対する排除措置命令は確定した(同条第5項)。
 (本件審判開始の概要については,当委員会ホームページの平成23年11月16日付け「報道発表資料」,本件排除措置命令及び課徴金納付命令の概要については,当委員会ホームページの平成23年7月22日付け「報道発表資料」参照。)
 (注) 「VVFケーブル」とは,600ボルトビニル絶縁ビニルシースケーブル平形のうち,次に掲げる品目をいう。VVFケーブルは,主にビル,家屋等の建物に設置されるブレーカーから建物内部のコンセント等までの屋内配線として使用されるものである。
1 線心数が2本で導体径が1.6ミリメートルのもの 5 線心数が3本で導体径が2.0ミリメートルのもの
2 線心数が2本で導体径が2.0ミリメートルのもの 6 線心数が3本で導体径が2.6ミリメートルのもの
3 線心数が2本で導体径が2.6ミリメートルのもの 7 線心数が4本で導体径が1.6ミリメートルのもの
4 線心数が3本で導体径が1.6ミリメートルのもの 8 線心数が4本で導体径が2.0ミリメートルのもの

審判請求の取下げをした者の概要

審判事件番号

平成23年(判)第85号

審判請求の取下げをした者

愛知電線株式会社

代表者 前田 将行
本店所在地 名古屋市熱田区八番二丁目17番9号

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

公正取引委員会事務総局官房総務課審決訟務室
電話 03-3581-5478(直通)
ホームページ  http://www.jftc.go.jp/

本文ここまで

サブナビゲーションここから

3月

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る