このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

(平成25年8月28日)フィリピン司法省及びベトナム競争庁との協力に関する覚書等の署名について

平成25年8月28日
公正取引委員会

 公正取引委員会は,本日,フィリピン・マニラにおいて,フィリピン共和国の競争当局である司法省及びベトナム社会主義共和国の競争当局である競争庁との間で,それぞれ,競争当局間の協力に関する覚書等に署名した。それらの概要は,次のとおりである。

1 背景

(1)フィリピン司法省との協力に関する覚書

 平成18年9月,我が国は,「経済上の連携に関する日本国とフィリピン共和国との間の協定」に署名した。同協定には「競争」に関する章が設けられ,両国が反競争的行為に対する取組により競争を促進することに関して協力すること等が規定されている。その後,公正取引委員会は,平成22年から,独立行政法人国際協力機構(JICA)の協力の下,フィリピンに対する技術協力を継続して実施してきたところ,平成23年6月,フィリピン司法省が大統領令により競争当局として指定されたため,以後,同省等の職員に対する技術協力を実施してきた。そのような中,今後の両競争当局間の協力関係の更なる進展を目的に,協力に関する覚書に係る協議を行ってきたところである。

(2)ベトナム競争庁との協力に関する取決め

 平成20年12月,我が国は,「経済上の連携に関する日本国とベトナム社会主義共和国との間の協定」(以下「日ベトナムEPA」という。)に署名した。日ベトナムEPAには「競争」に関する章が設けられ,両国が反競争的行為に対する取組により競争を促進することに関して協力すること等が規定されている。また,公正取引委員会は,JICAの協力の下,平成20年9月から当委員会の職員をJICA長期専門家としてベトナム競争庁へ累次派遣するなど,同庁に対する技術協力を継続して実施している。そのような中,今後の両競争当局間の協力関係の更なる進展を目的に,日ベトナムEPAの実施細則として,両競争当局間の協力に関する取決めに係る協議を行ってきたところである。

2 署名者

(1)フィリピン司法省との協力に関する覚書

日本側:公正取引委員会 杉本和行委員長
フィリピン側:フィリピン司法省 デリマ大臣

(2)ベトナム競争庁との協力に関する取決め

日本側:公正取引委員会 杉本和行委員長
ベトナム側:ベトナム競争庁 ムン長官

3 覚書等の内容

(1)フィリピン司法省との協力に関する覚書

 この覚書は,公正取引委員会とフィリピン司法省との間における通報,情報交換等について定めるものであり,両競争当局の協力関係の進展を通じて,それぞれの国の競争法の効果的な執行に貢献することを目的としている。

(2)ベトナム競争庁との協力に関する取決め

 この取決めは,公正取引委員会とベトナム競争庁との間における通報,情報交換,執行活動の調整等について日ベトナムEPAに基づく協力の実施細則を定めるものである。

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

公正取引委員会事務総局官房国際課
電話 03-3581-1998(直通)
ホームページ http://www.jftc.go.jp/

本文ここまで

サブナビゲーションここから

8月

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る