このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

(平成26年5月1日)株式会社エム・エイチ・シーに対する景品表示法に基づく措置命令について

 消費者庁は、本日、株式会社エム・エイチ・シー(以下「エム・エイチ・シー」という。)に対し、消費者庁及び公正取引委員会(公正取引委員会事務総局近畿中国四国事務所)の調査の結果を踏まえ、景品表示法第6条の規定に基づき、措置命令(別添参照)を行いました。
 エム・エイチ・シーが供給する「蘇生イオン○R空気活性器 旅の恋人」と称する商品に係る表示について、景品表示法に違反する行為(表示を裏付ける合理的根拠が示されず、同法第4条第1項第1号(優良誤認)に該当)が認められました。

1 エム・エイチ・シーの概要

所在地 大阪市平野区長吉出戸四丁目5番50号
代表者 代表取締役 田中 誠治
設立年月 平成9年7月
資本金 4925万円(平成26年2月現在)

2 措置命令の概要

(1) 対象商品
「蘇生イオン○R空気活性器 旅の恋人」と称する商品

(2) 対象表示
ア 表示の概要
(ア) 表示媒体
a 「噂の商品!通販リサーチ社」と称するテレビショッピング番組
b 日刊新聞紙に掲載した広告

(イ) 表示期間
a 平成25年11月14日から同年12月28日まで
b 平成25年1月25日から同年12月4日まで

(ウ) 表示内容
a 前記(ア)aにおいて、例えば、次のように音声等を放送することにより、あたかも、対象商品を車内や室内等で使用することで、当該空間において、対象商品に内蔵された「活性石」、「イオン活性パウダー」、「ゲルマニウム」と称する物質の相乗効果により、ウイルスが除去され、抗ウイルス・除菌効果が生じるとともに、ニコチンが除去され、消臭されるかのように示す表示をしていた(表示例については別紙1参照)。
○ 「車内やお部屋を快適空間にしてくれる」
○  「挿し込みますと、内蔵された祖母山の活性石、イオン活性パウダー、99.999パーセントの純度に近いゲルマニウムとの相乗効果で快適空間にしてくれるという商品なんですね。」
○ 「実はですね、ウイルスを98.4パーセント以上除去したり、嫌な臭いのニコチン、これも89パーセント以上を除去、という風に、抗ウイルス、除菌、さらには、消臭までしてくれるということなんですね。」

b 前記(ア)bにおいて、例えば、平成25年1月25日に発行された朝日新聞東京本社版に掲載された広告にあっては、次のように記載することにより、あたかも、対象商品を車内や室内等で使用することで、当該空間において、イオンの働きやイオンと「活性石」と称する物質の相乗効果により、インフルエンザウイルス及び黄色ブドウ球菌が除菌され、ニコチン、タール、ホルムアルデヒド及びアンモニアが除去され、脱臭・抗菌効果が生じるかのように示す表示をしていた(表示例については別紙2参照)。
○ 「イオンと活性石の相乗効果で こんなにスゴイ実験結果が!」
○ 「インフルエンザウイルス98.4%以上除菌」
○ 「黄色ブドウ球菌99.6%除菌」
○ 「ニコチン89%以上除去」
○ 「タール91%以上除去」
○ 「ホルムアルデヒド39%除去」
○ 「アンモニア36%除去」
○ 「車はもちろん、こんな場所でも使えます!」
○ 「トイレの嫌なニオイを除去。脱臭・抗菌効果で快適な空間に!」

イ 実際
前記アの表示について、当庁は、景品表示法第4条第2項の規定に基づき、エム・エイチ・シーに対し、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、エム・エイチ・シーから資料が提出された。しかし、当該資料は当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められなかった。

(3) 命令の概要
ア 前記(2)アの表示は、対象商品の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示法に違反するものである旨を、一般消費者に周知徹底すること。
イ 再発防止策を講じて、これを役員及び従業員に周知徹底すること。
ウ 今後、表示の裏付けとなる合理的な根拠をあらかじめ有することなく、同様の表示を行わないこと。

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

消費者庁表示対策課
電話 03-3507-9239
ホームページ http://www.caa.go.jp/

公正取引委員会事務総局近畿中国四国事務所取引課
電話 06-6941-2175
ホームページ http://www.jftc.go.jp/regional_office/kinki/

本文ここまで

サブナビゲーションここから

5月

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る