このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

平成20年6月11日付 事務総長定例会見記録

 [発言事項]

事務総長会見記録(平成20年6月11日(水曜)13時30分~ 於 官房第1会議室)

 [発言事項]

独占禁止政策協力委員会議における主な意見・要望について

 (事務総長)それでは,私からは,先週,全国9つの都市におきまして,公正取引委員会から委員長あるいは委員が出席して開催いたしました独占禁止政策協力委員会議の結果を簡単に御報告させていただきます。
 今回の会議におきましても,各地の協力委員の方々から,多くの貴重な御意見や御要望をいただいたということであります。主だったところを紹介いたしますと,まず今国会に提出しております独占禁止法等の改正法案に関連する意見といたしましては,優越的地位の濫用あるいは不当廉売等を課徴金の対象とした改正法案の内容を評価し,早期の成立を図ってほしいとの要望が多く寄せられたということであります。
 また,不当表示を課徴金の対象とすることにつきましても,不当表示事件が数多く発生していることから違反行為の抑止につながるとの評価が大方であったということでありますが,他方で,カルテル,談合に対する課徴金の水準を欧米並みに引き上げる必要があるのではないかというような意見も出されたということであります。
 独占禁止法等の法運用につきましては,中小企業を取り巻く厳しい状況を踏まえまして,引き続き,下請法違反行為や優越的地位の濫用,不当廉売等に厳正に対処してほしいとの意見が寄せられました。
 また,違反行為の未然防止を図るために規制の内容や海外における競争法の運用状況の一層の周知徹底が必要であり,そのためには広報活動を積極的に行ってほしいとの御要望も数多くあったと聞いております。
 今回の会議での御意見,御要望につきましては,後日取りまとめて公表させていただきたいと考えておりますが,公正取引委員会といたしましては,こうした御意見,御要望等を踏まえまして,今後も競争政策の適切な運営に努めていきたいと考えております。
 以上です。

 以上

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る