消費税転嫁拒否について
下請法について

「消費税転嫁拒否」とは、消費税率の引上げに当たって、
買いたたきをはじめとした違反行為により、消費税の転嫁を拒む行為を指します。
消費税の転嫁を拒む行為は、「消費税転嫁対策特別措置法」で禁止されています。
公正取引委員会では、様々な情報収集活動によって、立入検査等の調査を積極的に実施。
違反行為が認められた場合は、指導・勧告などの措置を採っています。

こんな受給者いじめは法律違反!
減額
商品購入、役務利用、利益提供の要請
消費税を含まない価格(本体価格)での交渉の拒否
報復行為
消費税r転嫁拒否行為を受けたらすぐ相談。Tel.03-3581-3379
#
下請法の運用基準を改定!違反事例を66事例から141事例に増加!

下請法(下請代金支払遅延等防止法)は、下請取引を適正化し、下請事業者の利益を守るための法律です。
平成28年、下請等中小企業の取引条件の改善に向け、繰り返し見られる行為、
問題ないと認識しやすい行為を中心に、違反行為事例を66事例から141事例に大幅に増加しました。

減額
買いたたき
不当な経済上の利益の提供要請
購入・利用強制と
不当な給付内容の変更・やり直し
下請法についてのご相談はこちらTEL:03-3581-3375
下請法について
#
topへ戻る