このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2010年7月

EU

欧州委員会,プレストレストコンクリート用鉄鋼の価格カルテルに関して,メーカー17社に対し,総額5億1800万ユーロの制裁金を賦課

 2010年6月30日 欧州委員会 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 欧州委員会は,プレストレストコンクリート用鉄鋼の価格カルテル及び市場分割に関して,メーカー17社に総額5億1800万ユーロの制裁金を賦課する旨の決定を行った。本件価格カルテル及び市場分割は,ArcelorMittalを含む大手鉄鋼事業者によって2002年までの18年間続いたものであり,3か国を除くEU全域にまたがるものであった。なお,ドイツのDWK/Saarstahlは,カルテルに関与したものの,欧州委員会に対して本件カルテルの存在を最初に明らかにしたため,制裁金を全額免除されている。

欧州普通裁判所,製薬メーカーAstraZeneca Groupがジェネリック薬の参入を妨げるために特許制度を悪用するなどしたことは市場支配的地位の濫用に当たるとして制裁金を賦課した欧州委員会の決定を大筋で支持

 2010年7月1日 欧州普通裁判所 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 製薬メーカーAstraZeneca Groupが,(1)抗かいよう薬のジェネリック薬の参入及びオリジナル薬の並行輸入を妨げるため,加盟国の特許当局に不正な申請を行うことによってオリジナル薬の特許期間の延長を図ったこと,(2)医薬品の販売には加盟国医薬当局への販売登録が必要であり,オリジナル薬の登録があればジェネリック薬の販売が容易であるところ,ジェネリック薬の販売及びオリジナル薬の並行輸入を困難にさせるべく特定の国においてオリジナル薬の販売登録を解除したことは,市場支配的地位の濫用に当たるとして,欧州委員会が制裁金を賦課する決定をしたことについて,欧州普通裁判所はこれを支持した。ただし,(2)について,一部の加盟国における並行輸入品の急激な減少はAstraZeneca Groupの行為によるものであると立証されていないなどとして,制裁金を一部減額した。

欧州委員会,飼料用リン酸の価格カルテルに関して,メーカー13社に対し,総額1億7500万ユーロの制裁金を賦課

 2010年7月20日 欧州委員会 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 欧州委員会は,飼料に用いられるリン酸の価格カルテル及び市場分割に関して,メーカー13社に総額1億7500万ユーロの制裁金を賦課する旨の決定を行った。なお,本件は,和解手続とリニエンシー手続が同時に適用された初めてのケースとなる。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る