このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2011年10月

EU

欧州委員会,バナナの価格カルテルに関して,輸入業者Pacific Fruit groupsに対し,890万ユーロの制裁金を賦課

 2011年10月12日 欧州委員会 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 欧州委員会は,南ヨーロッパ諸国であるイタリア,ギリシャ及びポルトガルにおけるバナナの価格カルテルに関与していたとして,輸入業者Pacific Fruit groupsに対し,890万ユーロの制裁金を賦課する旨の決定を行った。Chiquitaは,カルテルに参加したものの,欧州委員会に対して本件カルテルの情報を最初に提供したため,制裁金を全額免除された。なお,ドイツほか7か国の北部のEU加盟国におけるバナナの価格カルテルに関して,2008年10月に輸入業者Dole及びWeichertが,総額6030万ユーロの制裁金を課されている。

欧州委員会,反トラスト審査手続の改善,聴聞官の役割の拡大等を含む政策パッケージを公表

 2011年10月17日 欧州委員会 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 欧州委員会は,反トラスト審査手続におけるベストプラクティス及び経済的証拠提出ベストプラクティスの策定並びに聴聞官の権限の強化を行った。これら一連の取組は,反トラスト審査手続中における関係事業者と当局との意思疎通を増進させ,関係事業者の手続上の権利を保護するための仕組みを強化することを目的としている。 なお,本件のドラフトは,昨年1月6日に発表され,同日から暫定的に適用されていたが,その後のパブリック・コンサルテーションや運用結果を踏まえ,例えば,今回発表された反トラスト審査手続におけるベストプラクティスでは,異議告知書の中で予定される制裁金額の算定に関する要素を通知する等の改正が加えられている。

欧州委員会,ブラウン管ガラスの価格カルテルに関して,ガラスメーカー3社に対し,総額1億2800万ユーロの制裁金を賦課

 2011年10月19日 欧州委員会 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 欧州委員会は,テレビ及びコンピューターディスプレイ用ブラウン管ガラスの価格カルテル関して,日本電気硝子,旭硝子及びドイツ企業であるSchott AGの3社に対し,総額1億2800万ユーロの制裁金を賦課する旨の決定を行った。また,本件においては,和解手続の適用によって,上記3社の制裁金がそれぞれ10%減額されている。なお,韓国企業であるSamsung Corning Precision Materialsは,本件カルテルに関与したものの,欧州委員会に対して本件カルテルの情報を最初に提供したため,制裁金を全額免除された。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る