このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2011年1月

オーストラリア

【オーストラリア】「取引慣行法」の名称が「競争・消費者法」に変更

 2010年1月4日 豪州競争・消費者委員会 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 オーストラリアの競争法である「取引慣行法(The Trade Practice Act 1974)」は,消費者保護関連法案が全国統一化されて,取引慣行法に盛り込まれたことなどの理由により,1月1日から「競争・消費者法(The Competition and Consumer Act 2010)」へと名称が変更された。なお,競争法関係の内容に変更はない。

フランス

競争委員会,制裁金算定ガイドライン案を公表

 2011年1月17日 フランス競争委員会 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 競争委員会は,制裁金算定ガイドライン案を公表した。同ガイドライン案は,制裁金算定に関する手続の透明性の向上と,同委員会が制裁金を算定する過程で考慮する要因について事業者が検討しやすくすることを目的として作成された。同ガイドライン案は,他の欧州当局によるガイドラインの内容に沿ったものであるが,違反行為により消費者や経済に与えた損害の程度を考慮するという点はフランス独自であるとしている。同ガイドライン案は,3月11日までコメントを受け付ける。

韓国

公正取引委員会,カラーディスプレイ管の価格カルテル等に関して,メーカー5社に対し総額262億ウォンの課徴金を賦課

 2011年1月27日 韓国公正取引委員会 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 公正取引委員会は,カラーディスプレイ管の国際カルテルに関して,メーカー5社に総額262億ウォンの課徴金を賦課する旨の決定を行った。本件カルテルは,韓国のSamsung SDI等のメーカーによって1996年から2006年にかけて行われていた。なお,韓国のLG Philips Display Koreaは,カルテルに関与したものの,課徴金を支払うことができないとして,課徴金の支払を免除されている。同社は,2009年6月に,カラーディスプレイ管を含む全ての事業を他社に譲渡し,解散した。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る