このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2013年8月

ドイツ

連邦カルテル庁,新たな制裁金算定ガイドラインを公表

 2013年6月25日 連邦カルテル庁 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 連邦カルテル庁は,連邦最高裁判所の直近の決定を受けて,重大なカルテルの罰則基準や制裁金を課す基準を明らかにした新たな制裁金のガイドラインを公表した。新ガイドラインにおいては,制裁金算定に際し,カルテルが行われた市場で得た違反期間中の売上高のみならずグループ全体の年間総売上高も考慮される。すなわち,新ガイドラインでの制裁金算定においては,事業者の規模,事件の重大性及び違反期間が重大な要素となる。

フランス

競争委員会,企業結合規制に関するガイドラインの改正及び競争委員会への経済分析の提出に関するガイドを公表

 2013年7月10日 競争委員会 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 競争委員会は,改正企業結合ガイドラインを公表した。今回の改正は,2009年12月に策定した現行ガイドラインの4年間の運用実績に基づくものである。
 ガイドラインにおいては,当事会社と競争委員会が企業結合計画の修正内容や当事会社又は関連市場に係る特殊要因に関する問題について議論するために届出前の非公式フェーズが重要であるとする。競争上の問題が生じる可能性が低い企業結合について15営業日以内に決定を行うとする簡易手続について,その適用要件を明記した。また,資産移転の確約については,法的必要条件及び確約の条件を列挙し,資産移転を実現する上で競争委員会が必要と考える資産移転手続及び基本保証に関して標準モデルを提示した。
 さらに,ガイドラインは,確約又は移転手続の監視を行う管財人(trustee)に関して,管財人の地位,事業者からの独立条件及び競争委員会から承認を得る条件,並びに管財人の業務内容について明記した。
 また,経済分析の提出に関しては,この点について記載していた従前のガイドラインの付属書を削除し,新たに策定した企業結合の実施,協議手続及び意見提出に関する一般ガイドに置き換えることとした。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る