このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2016年4月

イギリス

英国競争・市場庁,再販売価格維持行為を行っていたとして,浴室付属品製造業者及び業務用冷蔵庫製造業者に対し,異議告知書を送付

2016年1月28日 英国競争・市場庁 公表
原文

【概要】

 英国競争・市場庁(CMA)は,浴室付属品製造業者及び業務用冷蔵庫製造業者に競争法違反があったとして, ITW社の傘下の浴室付属品業者であるウルトラ・フィッシング社及びITW社の傘下の業務用冷蔵庫業者であるフォスター冷蔵庫社に対し,それぞれ異議告知書を送付した。これらの事業者は,インターネット販売における表示価格の下限を設定し,小売店が製品をその下限価格以下で販売することを有効に制限していた。英国競争・市場庁は,これらが再販売価格維持行為に当たり競争法に違反するとしている。

英国競争・市場庁,スーパーマーケット運営業者による食料品店3店舗の買収案について再審査

2016年2月1日 英国競争・市場庁 公表
原文

【概要】

 英国競争・市場庁は,ネット社が,生活協同組合から食料品店3店舗を買収する案について届出を行ったことを受け審査を実施し,2015年7月24日に承認をしていたが,後に当該取引がEU規模のものであり,欧州委員会への届出が必要であることが判明した。そこで当事会社は,2016年1月8日,欧州委員会に対して本件買収案の届出をするとともに,理事会規則2004年139号第4条第4項に基づき,英国競争・市場庁に再付託されるべき旨の理由書を提出していた。
 2016年1月22日の英国に再付託する旨の欧州委員会決定を受け,英国競争・市場庁は,自らが下した2015年7月24日の決定を破棄し,2002年企業法の企業結合規制に関する規定に基づき,当該取引について現在再審査を行っている。

中国

中国国家発展改革委員会,医薬品販売に係るカルテルを行っていたとして,医薬品事業者5社に対し,総額399万5400元の制裁金を賦課

2016年1月28日 中国国家発展改革委員会 公表
原文

【概要】

 中国国家発展改革委員会(NDRC)は,医薬品製造業者3社(重慶青陽社,江蘇世貿天階社及び上海信宜連合社)及び医薬品販売業者2社(重慶大同社及び商丘華傑社)が,2014年4月から2015年9月までの間に4回会議を開催し,痛風治療薬であるアロプリノール薬に関するカルテルを締結し実施したとして,法律に基づき,違法行為の停止を命ずるとともに,総額399万5400元の制裁金を賦課した。
 中国政府は,現在,アロプリノール薬の製造登録業者として,全国で15社に対してのみライセンスを付与しており,2012年から2013年の間は,当該15社のうち7社が同薬を製造し,2014年以降は上記3社のみが製造している。
 審査した結果,当該5社は,2014年4月,アロプリノール薬の1瓶当たりの販売価格を10元から18元以上に一斉値上げすることを決定し,2014年12月には,同薬の2015年1月以降の販売価格を23.8元に一斉値上げすることを決定した。また,医薬品製造業者3社は,販売地域をそれぞれ分割し,カルテル破りをした事業者に対して医薬品製造業者である重慶青陽社がアロプリノール薬の原料を提供しないとするカルテルを結んでいたことが分かった。
 重慶青陽社及び重慶大同社は,主導的立場にあったとして,前年度売上高の8%の制裁金である総額180万5200元を,江蘇世貿天階社は,積極的に調査に協力し証拠を提出したとして,前年度売上高の5%の制裁金である118万4000元を,上海信宜連合社及び商丘華傑社は,積極的に調査に協力し関連事実を提供したとして,前年度売上高の5%の制裁金である総額100万6200元をそれぞれ賦課された。

カナダ

カナダ競争局,中国国家発展改革委員会との間で協力を強化するMOUに署名

2016年2月1日 カナダ競争局 公表
原文

【概要】

 カナダ競争局のジョン・ペックマン長官と中国国家発展改革委員会の胡祖才副主任(Vice Chairman Hu Zucai)は,北京において,カナダと中国との間における競争関連の協力の強化を促進するMOUに署名した。
 カナダ競争局と中国国家発展改革委員会との間で締結した今回のMOUは,競争法の執行及び政策分野において,両当局間の連絡及び協力の基盤となるものである。
 両国は,経験や見解を共有し,政策や執行の現状について相互に情報共有を行うことで,両国にとって関心のある事項について協力して業務を遂行することになる。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る