このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2016年9月

英国

英国競争・市場庁主席常任委員のAlex Chisholmが辞職し,エネルギー・気候変動省の事務次官に就任

2016年5月10日 英国競争・市場庁 公表
原文

【概要】

 主席常任委員のAlex Chisholmは英国競争・市場庁(以下「CMA」という。)を辞職し,エネルギー・気候変動省の事務次官に就任することとなった。
 同氏は2013年3月に主席常任委員に就任し,公正取引庁及び競争委員会を廃止して設立された英国の単一の競争当局CMA設立に当たり,先頭に立って尽力した。また,2014年4月1日にCMAが完全に機能するようになって以降,主席常任委員の職にあった。
 同氏はCMAの主席常任委員を7月3日に辞職し,ビジネス・イノベーション・技能省は後任の人選について公募を行っている。同氏が辞職した後,当面の間は,市場・企業結合局長のAndrea Coscelliが後任に就く。

(注)エネルギー・気候変動省は,2016年7月,ビジネス・イノベーション・技能省と統合し,「ビジネス・エネルギー・産業戦略省」となっている。
http://www.parliament.uk/business/publications/written-questions-answers-statements/written-statement/Commons/2016-07-18/HCWS94
なお,Alex Chisholm氏はビジネス・エネルギー・産業戦略省においても事務次官となっている。
https://www.gov.uk/government/people/alex-chisholm

英国競争・市場庁,他のEUの9か国の当局と共同で,宿泊予約サイトBooking.com及びExpediaがホテルとの間で締結しているパリティ条項の削除による市場への影響について,ホテル業者に対して質問状を送付

2016年7月13日 英国競争・市場庁 公表
原文

【概要】

 英国競争・市場庁(以下「CMAという。」)はイギリス中のホテルに対して,ルーム料金に関する条項の変更が市場の競争環境に与える影響について質問状を送付した。
 当該調査プロジェクトはCMAがEUの他の9か国の競争当局と共同で行っているものである。2015年7月,オンライン宿泊予約サイト事業者であるBooking.com及びExpediaは料金パリティ又はMFNと呼ばれる条項をなくすために契約内容を変更した。これらの条項によって,ホテルは,競合するオンライン旅行代理店に対して,Booking.com及びExpediaに提供している料金よりも安い料金を提供できなかった。
 質問状は,10か国共通のアプローチを用いて,本条項の変更及びヨーロッパ中のオンラインホテル予約サイトの分野における価格慣行に関するいくつかの調査を含む最近の動向が,市場の競争環境にどのような影響を与えるかに係る情報を集めようとするものである。
 2016年までに終了する予定の各国当局の合同調査活動によって,CMA(については2015年9月に調査を終えている。)とその他の競争当局は,この分野において更なる措置が必要かどうかを決定する。

オーストラリア

豪州競争・消費者委員会,日本郵船が自動車の国際海上運送カルテルで有罪答弁を行った旨公表(同委員会初のカルテルに対する刑事訴追事件)

2016年7月18日 豪州競争・消費者委員会 公表
原文

【概要】

 豪州競争・消費者委員会(以下「ACCC」という。)の調査を受けて,日本の世界的な海運会社である日本郵船が,本日,連邦裁判所でカルテル行為を行っていたとして有罪を認めた。
 Rod Sims・ACCC委員長は,「本件は,競争・消費者法のカルテル行為に対する刑事訴追規定により法人を刑事訴追した初めての事件であり,2009年7月から2012年9月の間における,オーストラリアへの車輌(自動車,トラック及びバスを含む。)の輸送に関するカルテル行為に関するものである。」と述べている。
 日本郵船は,ヨーロッパ,アフリカ,東アジア,南アジア,中国,オーストラリアを含むオセアニア,北米及び南米にオフィスを置く,世界最大の海運会社の一つである。同社は33,000人以上の従業員がおり,本社は東京である。また,オーストラリアに子会社であるNYK Line (Australia) Pty Ltd.を有している。
 ACCCは,他のカルテル参加者への審査を継続中である。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る