このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2009年6月

米国

米国議会,リニエンシー申請企業に認められていた損害賠償額の減額に関する措置の期限延長法案を可決

 2009年6月10日 米国議会図書館 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 米国議会は,2004年反トラスト刑事罰執行及び改革法を改正する法案を可決した。これにより,リニエンシー申請企業が私人の提起した損害賠償訴訟に協力する場合,当該リニエンシー申請企業が支払う賠償額の上限が当該企業の行為から生じた実損害額に限定されるという措置の期限は,2010年6月22日まで延長された。

司法省反トラスト局,ボルティモア所在の2名の個人が,租税滞納による不動産の競売において,入札談合を行ったとして起訴されたことを公表

 2009年6月16日 司法省反トラスト局 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 司法省反トラスト局は,メリーランド州で行われている租税先取特権の競売(tax lien auction)について,入札談合を行った2名の個人が起訴されたことを公表した。

司法省反トラスト局,ヴァージニア州の海洋製品メーカーの前幹部が,米国海軍等との契約において入札談合を行ったとして有罪答弁を行ったことを公表

 2009年6月30日 司法省反トラスト局 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 司法省反トラスト局は,海洋製品メーカーの前CEOが,米国海軍等に納入する製品について,入札談合及び顧客割当てを行ったとして,10万ドルの罰金及び禁錮刑に同意したことを公表した。本件共謀については,これまでに3名の個人が有罪答弁を行い,罰金及び禁錮刑が科されている。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る