このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2016年5月

米国

米国司法省,石油・天然ガス採掘権に係る競争を回避する談合を首謀した大手石油・天然ガス事業者の元CEOを正式起訴

2016年3月1日 米国司法省 公表
原文

【概要】

 米国司法省は,大手石油・天然ガス事業者のAubrey K. McClendon元CEOがオクラホマ州北西部における石油・天然ガス採掘権の獲得をめぐる談合に関与していたとして,連邦大陪審に正式起訴した旨公表した。起訴状によると,2007年12月から2012年3月まで続いた当該談合において,大手石油・天然ガス事業者2社の間であらかじめどちらが採掘権を獲得するかを決定し,採掘権を獲得した方が利益の一部をもう一方の事業者に分配することとしていた。同氏は,採掘権の応札を取り下げたり,2社の間で採掘権の利益を分配したりするなど,本件合意内容を実行するために部下に対して指示を出していた。
 本件起訴は,同氏の談合行為がオクラホマ州北西部における採掘権の賃借及び石油等を産出する資産の入札に影響を与えたとして,西部オクラホマ州連邦地方裁判所に提起されたものである。ここでいう採掘権の賃借とは,賃借権者が用地を開発し石油及び天然ガスを採掘することを一定期限内で認めるものであり,通常は3年ないし5年が期限となっている。また,石油等を産出する資産とは,賃借権者が石油や天然ガスを絶え間なく産出する鉱泉を掘削する土地区画であり,石油等を産出する資産を獲得するとは,採掘するための基本的な権利の賃借のほか当該土地区画に既にある鉱脈及びインフラの提供も含むものである。
 本件は,石油・天然ガス業界に対し,価格調整,入札談合等の捜査で起訴した最初の事件である。

米国連邦最高裁判所,e-book事件に関し,米国司法省の認定を不服としたアップル社の請求を却下

2016年3月7日 米国司法省 公表
原文

【概要】

 米国連邦最高裁判所は,大手e-book出版社5社(ハチェットブックグループ,ハーパーコリンズ出版社,ホルツブリンク出版社,ペンギングループ及びサイモン&シュスター社)との価格調整の共謀をアップル社が主導してe-bookの価格を実質的に引き上げていたとする下級審の決定について,アップル社が米国連邦最高裁判所に上告の申立を行っていたがこれを却下した。この連邦最高裁判所の決定によって,全米33州の司法長官及びe-book購読者によって提起されていた損害賠償訴訟に係る2014年7月の和解に基づき,アップル社に対し4億ドルのe-book購読者への賠償義務を課すことになり,ほとんどのe-book購読者は,アップル社の行為で高く支払った分の返還金が自動的にe-book小売店でのクレジットにより支払われることになる。
 共謀していた出版社らによって既に1億6600万ドルの和解金が当事者に対して支払われているが,アップル社とこれら出版社との違法な価格調整により過払いさせられていたe-book購買者に対しては,アップル社からの前記の支払い予定額と合わせて5億6600万ドルが支払われることとなっている。

連邦取引委員会のエディス・ラミレス委員長,マクウェイン社事件に係る連邦最高裁判所の決定に対し声明を公表

2016年3月21日 連邦取引委員会 公表
原文

【概要】

 連邦取引委員会(以下,「FTC」という。)のエディス・ラミレス委員長は,第11巡回控訴裁判所が2015年4月にFTCの排除措置命令を支持する決定を行っていたマクウェイン社事件に係る連邦最高裁判所の上告却下決定について,次のとおり声明を公表した。
 「我々は連邦最高裁判所の判断に満足している。第11巡回控訴裁判所は,マクウェイン社が違法に独占を保持し,郡の水道システム及び水道利用者に損害を与えたというFTCの認定を正しく支持していた。本判決は,独占的な地位を有する者が参入予定者を排除するために反競争的戦略を展開することはできないということをより明らかにするものである。」
 FTCの本件に対する排除措置命令によると,マクウェイン社は,米国内のダクタイル鋳鉄管接続金具製造市場において,卸売業者に対して国内市場への参入を試みていた競合他社のスターパイププロダクト社から国内向け鋳鉄管部品を購入しないよう要請することで,違法に独占を維持しており,マクウェイン社の当該方針は,スターパイププロダクト社が有効に競争するのに必要な販売額を達成することを困難にしていた。

連邦取引委員会のジュリー・ブリル委員退任

2016年3月22日 連邦取引委員会 公表
原文

【概要】

 連邦取引委員会(以下,「FTC」という。)のジュリー・ブリル委員は,2016年3月31日を最後に退任する。民主党員であるブリル委員は,2010年4月6日にオバマ大統領により指名された。退任後もワシントンに残り民間で仕事を続ける予定である。ブリル委員はFTCに入る前はノースカロライナ州司法省の上席司法長官補をしており,消費者保護及び反トラスト部門の責任者であった。その前は,バーモント州司法省において消費者保護及び反トラスト部門担当の司法長官補として20年以上勤務していた。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る