このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2017年4月

米国

米国司法省,松尾電機及び同社役員が,米国等の顧客向け電解コンデンサに関し,共謀して価格カルテル及び受注調整を行っていた旨有罪答弁することに合意したことを公表(一連の電解コンデンサ事件において,個人では初めての有罪答弁合意)

2017年2月8日 米国司法省 公表
原文

【概要】

 松尾電機及び同社役員は,米国等の顧客向け電解コンデンサに関し,共謀して価格カルテル及び受注調整を行っていた旨有罪答弁することに合意した。
 カリフォルニア北部地区連邦地方裁判所に提出された訴状によれば,松尾電機及び同社役員は,価格カルテル及び受注調整を行うことにより,電解コンデンサの販売に係る競争を制限及び排除することを共謀していた疑いで起訴された。それによれば,松尾電機は遅くとも2001年11月初めから2014年1月まで,同社役員は遅くとも2002年8月初めから2014年1月まで,当該共謀に参加していたとされる。
 有罪答弁を行うことに加え,松尾電機は罰金の支払いに,同社役員は1年1日の禁固刑を受けることに,また,両者は反トラスト局が行っている調査に協力することに合意した。なお,当該合意には裁判所の承認が必要となる。
 電解コンデンサは,コンピューター,テレビ,車のエンジン及びエアバックシステム,家庭用電化製品並びにオフィス用機器など様々な電子機器の電流を蓄え,調整するために用いられる。
 今回の起訴は,電解コンデンサ産業における価格カルテル,受注調整及びその他の反競争的行為に対する調査の結果であり,反トラスト局のサンフランシスコ事務所及びFBIのサンフランシスコ事務所によって行われたものである。本日の起訴を含め,6社及び10人が反トラスト局の調査によって起訴されている。

米国司法省,コロンビア地裁が医療保険会社アンセムによるシグナ・コープの買収の禁止(同省が2016年7月に民事提訴)を決定した旨公表

2017年2月8日 米国司法省 公表
原文

【概要】

 米国司法省は,コロンビア地方裁判所が,医療保険会社アンセムによるシグナ・コープの買収を禁止することを求める民事訴訟において,米国司法省を支持する決定をした旨公表した。
 本日の決定は,2016年11月21日から2017年1月3日まで行われた審理に基づくものである。2016年7月,米国司法省は,11の州及びコロンビア特別区とともに,企業結合の禁止を求める訴訟を提起した。訴状では,アンセムとシグナが企業結合することによって,国内の多数の地域における医療保険市場の競争を実質的に制限することになるとしている。

連邦取引委員会,医療機器メーカーのアボット・ラボラトリーズによるセント・ジュード・メディカルの買収計画について,パブリックコメント手続を経て,血管閉鎖デバイス及びステラブルシースの事業をテルモに譲渡する同意命令案を承認したと公表

2017年2月23日 連邦取引委員会 公表
原文

【概要】

 連邦取引委員会(以下「FTC」という。)は,パブリックコメントを終え,アボット・ラボラトリーズ(以下「アボット」という。)によるセント・ジュード・メディカル(以下「セント・ジュード」という。)の買収計画に対する異議申立てについて和解する最終命令を承認した。
 2016年12月に,FTCは異議申立てを行い,当該買収計画が米国における血管閉鎖デバイス(カテーテルを挿入することによって生じた動脈の穴をふさぐために使用される)及びステラブルシース(心臓の不整脈を手術する際にカテーテルを導入するために使用される)の競争が制限されるおそれがあると主張した。
 上記の命令に従い,当事者は,セント・ジュード所有の血管閉鎖デバイス事業及びア ボット所有のステラブルシース事業の全ての権利及び資産を日本の医療機器メーカーであるテルモに譲渡し,テルモによるこれらの製品の製造体制確立を支援することが必要となる。
 また,アボットはAdvanced Cardiac Therapeutics(以下「ACT」という。)から病変評価焼灼カテーテル事業を取得する意向がある場合には,FTCに届け出ることが必要となる。アボットとACTは病変評価焼灼カテーテルを共同開発してきた。現在のところ,セント・ジュードと他1社のみが病変評価焼灼カテーテルを米国内に供給している。セント・ジュードを買収した後,アボットがACTから病変評価焼灼カテーテル事業を取得すれば,ACTが独立していた場合に生じたであろう追加的な競争が消滅することになる。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る