このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

課徴金減免制度について

課徴金減免申請に係る事前相談:電話03-3581-2100(直通)
[受付時間:9時30分~18時15分]

申請様式の送付先:FAX03-3581-5599
[※受付時間は上記時間帯に限られません。]

 課徴金減免制度とは,事業者が自ら関与したカルテル・入札談合について,その違反内容を公正取引委員会に自主的に報告した場合,課徴金が減免される制度です。公正取引委員会が調査を開始する前に他の事業者よりも早期に報告すれば,課徴金の減額率が大きくなる仕組みとなっており,公正取引委員会の調査開始日前と調査開始日以後とで合わせて最大5社(ただし調査開始日以後は最大3社)に適用されます。事業者自らがその違反内容を報告し,更に資料を提出することにより,カルテル・入札談合の発見,解明を容易化して,競争秩序を早期に回復することを目的としています。
 また,原則,複数の事業者による共同の報告(共同申請)は認められていませんが,一定の要件を満たす場合は,同一企業グループ内の複数の事業者による共同申請が認められ,共同申請を行った全ての事業者に同一順位が割り当てられます。

 課徴金減免手続は,大要,次のような流れで行われます(この流れに沿って,課徴金減免手続に係る細則を定めたものとして,「課徴金の減免に係る報告及び資料の提出に関する規則 」があります。)。

○ 公正取引委員会の調査開始日前の場合

○公正取引委員会の調査開始日前の場合

申請様式

様式第1号(PDF:139KB) 様式第1号(Word:39KB)
様式第2号(PDF:162KB) 様式第2号(Word:52KB)

様式記載例等(参考)

様式第1号記載例(PDF:163KB) 様式第2号記載例(PDF:260KB)
提出資料の例(PDF:208KB)

○ 公正取引委員会の調査開始日以後の場合

○公正取引委員会の調査開始日以後の場合

申請様式

様式第3号(PDF:169KB) 様式第3号(Word:53KB)

様式記載例等(参考)

様式第3号記載例(PDF:270KB)
提出資料の例(PDF:208KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る