このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

2010年2月

米国

司法省反トラスト局,Googleの書籍検索に関する同社と著作者団体との間の修正和解案に対する意見書をニューヨーク南地区連邦地裁に提出

 2010年2月4日 司法省反トラスト局 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 司法省反トラスト局は,Googleの書籍検索に関する同社と著作者団体との間の修正和解案について,当初和解案と比べると問題の解決に向けて進展は見られるものの,依然として著作権法及び反トラスト法上の問題は残されているという趣旨の意見書をニューヨーク南地区連邦地裁に提出した。司法省は,本修正和解案は,いまだ相当程度の反競争的アドバンテージをGoogleに付与する可能性を有しており,結果として,Googleのみがデジタル書籍市場において膨大な作品を複数のフォーマットで流通・利用する権利を持つ事業者となってしまうと述べている。

司法省反トラスト局,マリンホースの入札談合,価格カルテル及び市場分割に関して,イタリアの同メーカーParker ITRが有罪答弁を行い,229万ドルの罰金支払に同意したことを公表

 2010年2月16 司法省反トラスト局 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 司法省反トラスト局は,米国等で販売されるマリンホースに関して,入札談合,価格カルテル及び市場分割を行ったとして,イタリアの同メーカーParkerITRが有罪答弁を行い,229万ドルの罰金支払に同意したことを公表した。同社は,本件カルテルについて訴追された4社目の企業であり,これまでに本件カルテルに関与した9名の個人が有罪となっている。

司法省反トラスト局,Yahoo!及びMicrosoftによる検索・広告事業の提携計画について審査を終了する旨の声明を公表

 2010年2月18 司法省反トラスト局 公表

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原文

【概要】

 司法省反トラスト局は,Yahoo!及びMicrosoftによる検索・広告事業の提携計画に関してこれまで行ってきた審査の結果,当該2社の事業提携によって米国における競争が実質的に阻害される可能性は低いとして,当該審査を終結する旨の声明を公表した。

本文ここまで


以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る