このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年3月5日 競争政策研究センター第19回国際シンポジウムの開催について

 公正取引委員会競争政策研究センター(CPRC)は、令和3年3月5日(金曜)に、以下のとおり、第19回国際シンポジウムを開催いたしました。

1 開催趣旨

 近年、ITを始めとする技術革新の進展によりAI、ロボット、インターネット等を活用する新たなビジネスが次々と出現し、経済取引環境が劇的かつ急速に変化しています。このような変化は、資源の効率的な配分を実現し、国民生活の快適性や利便性の向上が期待されます。他方で、高度にデジタル化された取引では、データの集積や利活用等が競争優位性の獲得において重要な要素となり、市場集中度の高まりによる競争圧力の低下が企業の設備投資やイノベーションを鈍化させることや、独占的な企業への富の集中が労働分配率を低下させることなどが指摘されています。
 本シンポジウムでは、イノベーション、生産性、所得格差等のマクロ経済的な問題に競争政策や独占禁止法の運用がどのように貢献することができるか、より貢献するためにどのような取組が必要かについて、有識者による講演やパネルディスカッションを行います。

2 日時・会場

タイトル 「新時代の競争政策の在り方~経済格差・イノベーション~」
日  時 令和3年3月5日(金曜)10時00分~12時00分
会  場

オンライン開催(ライブ配信)

開催言語 日本語⇔英語(同時通訳あり)
参加料 無料
主催者 公正取引委員会競争政策研究センター
共催者 株式会社日本経済新聞社、公益財団法人公正取引協会

競争政策研究センター大阪国際シンポジウム ポスター競争政策研究センター大阪国際シンポジウム ポスター

3 プログラム

10時00分~10時05分   開会の辞       
古谷一之  公正取引委員会委員長
 
10時05分~11時05分 基調講演
 10時05分~10時35分
テーマ 「Competition Policy, Innovation and Inequality(競争政策、イノベーション、そして不平等)」
講演者 Jonathan B. Baker アメリカン大学ワシントンロースクール教授
テーマ 「The Rise of Concentration: Causes, Consequences and Solutions(集中度の高まり:その原因・結果と解決策)」
講演者 Jason Furman ハーバード大学ケネディスクール教授
 10時35分~11時05分
 
11時05分~11時15分 休憩

11時15分~11時55分 パネルディスカッション
モデレーター 松島法明  大阪大学社会経済研究所教授、競争政策研究センター所長
パネリスト Jonathan B. Baker アメリカン大学ワシントンロースクール教授
Jason Furman ハーバード大学ケネディスクール教授
大橋弘 東京大学公共政策大学院院長、東京大学大学院経済学研究科教授、競争政策研究センター主任研究官

11時55分~12時00分   閉会の辞       
松島法明  大阪大学社会経済研究所教授、競争政策研究センター所長

4 海外からの登壇者の紹介

Jonathan B. Baker氏 (アメリカン大学ワシントンロースクール教授)
○ 反トラスト法や経済規制を専門に研究
○ ハーバード大学法務博士、スタンフォード大学経済学博士
○ 大統領経済諮問会議シニアエコノミスト、米国連邦取引委員会経済局長、米国連邦通信委員会チーフエコノミストを歴任
○ 米国連邦取引委員会が2018年9月からシリーズで主催する21世紀の競争及び消費者保護に関する公聴会第1回(テーマ:Has the US Economy Become More Concentrated and Less Competitive: A Review of the Data)及び第6回(テーマ:Antitrust Analysis of Data)にパネリストとして参加
○ 2018 OECD GLOBAL FORUM ON COMPETITION (Discussed Competition and Fair Societies)にスピーカーとして参加

Jason Furman氏 (ハーバード大学ケネディスクール教授)
○ 経済政策を専門としつつ、情報政策やマクロ経済等に関して幅広く研究。近年では、市場の寡占化や租税改革のマクロ経済への影響についても研究
○ ハーバード大学経済学博士
○ 大統領経済諮問会議議長を歴任
○ 2018年,英国デジタル競争専門家パネルの議長として、デジタル市場と競争政策に関する報告書を取りまとめ
○ 米国連邦取引委員会が2018年9月からシリーズで主催する21世紀の競争及び消費者保護に関する公聴会第1回(テーマ:The Current Landscape of Competition and Consumer Protection Law and Policy)にスピーカーとして参加
○ 2018年6月、OECD競争委員会本会合(テーマ:Market concentration)にスピーカーとして参加

5 講演資料

6 議事概要

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

公正取引委員会競争政策研究センター事務局
電話 03-3581-1848(直通)
Eメール cprcsec-○-jftc.go.jp
(迷惑メール等防止のため、アドレス中の「@」を「-○-」としております。メール送信の際には、「@」に置き換えて利用してください。)

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • ホームページ・プライバシーポリシー
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る