このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

(平成30年10月24日)ICN(国際競争ネットワーク)企業結合ワークショップの東京開催について

平成30年10月24日
公正取引委員会

 公正取引委員会は, 下記のとおり, 東京都において, International Competition Network(国際競争ネットワーク。以下「ICN(注)」という。)企業結合ワークショップを開催することとしました。
 ICN企業結合ワークショップは,競争当局の企業結合審査実務担当者や弁護士・大学教授等の有識者が,それぞれの知見・経験を共有する場として,平成14年以降,おおむね毎年1回開催されているものです。
 今回のワークショップには,世界各国・地域の競争当局の職員のほか,弁護士・大学教授等,約40か国・地域から200名以上が参加し,「2020年代の企業結合審査:デジタル化・グローバル化は企業結合審査を変えるか?」というテーマの下,デジタル経済時代の企業結合審査の在り方,グローバル化が企業結合審査にもたらす課題などについて議論が行われます。
 なお,ICN企業結合ワークショップが日本で開催となるのは,今回が初めてとなります。

(注)ICNの概要について
 ICNは,競争法執行における手続面及び実体面の収れんの促進を目的として,平成13年10月に発足したネットワークです。平成30年10月現在,ICNには126か国・地域から,139の競争当局が参加しています。このほか,国際機関,研究者,弁護士等の非政府アドバイザー(Non-Governmental Advisors, NGA)もICNに参加しています。

1 日程

平成30年11月7日(水曜)及び8日(木曜)

2 場所

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ

3 テーマ

「2020年代の企業結合審査:デジタル化・グローバル化は企業結合審査を変えるか?」

4 アジェンダ

※ トピックの詳細や登壇するモデレーター及びパネリストについては,ワークショップ公式ウェブサイト(英語)(https://icnmergerworkshop2018.jftc.go.jp/agenda.html)上で御確認いただけます。

5 ワークショップの模様の公開

 ICN企業結合ワークショップは,事前に参加登録を行った競争当局職員及びNGAのみが参加可能な会議ですが,一般の方にも同ワークショップの模様を御覧いただけるよう,前記4の表中,網掛けをしているセッションについては,同ワークショップ公式ウェブサイト(https://icnmergerworkshop2018.jftc.go.jp/)及びYouTube 社の公正取引委員会チャンネル(https://www.youtube.com/c/JFTCchannel)上で,ライブ配信を実施します。また,ライブ配信終了後も,一定期間の後,前記公正取引委員会チャンネル上でアーカイブを視聴することが可能です。
 これらライブ配信を実施するセッションについては,カメラ撮影及び傍聴取材が可能です。取材を御希望の報道機関におかれましては,平成30年11月2日(金曜)12時までに,前記問い合わせ先又は公正取引委員会事務総局官房国際課ICN企業結合ワークショップ担当(icnmergerworkshop2018@jftc.go.jp)まで御連絡ください。
 なお,使用言語は英語のみであり,通訳はございません。

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

公正取引委員会事務総局官房国際課
電話 03-3581-1998(直通)
ホームページ https://www.jftc.go.jp/

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る