このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年11月21日付 事務総長定例会見記録

[配布資料]

競争政策研究センター第2回大阪国際シンポジウムポスター「デジタル社会における新たな競争政策」

[発言事項]

事務総長会見記録(平成30年11月21日(水曜)13時30分~於官房第1会議室)

競争政策研究センター第2回大阪国際シンポジウムについて

 本日,私の方からは競争政策研究センター(CPRC)が開催します大阪国際シンポジウムについて御紹介いたします。CPRCでは,12月7日に大阪弁護士会館におきまして,第2回大阪国際シンポジウムを開催いたします。テーマは「デジタル社会における新たな競争政策~プラットフォーム&個人情報保護~」でございます。
 なお,本シンポジウムは大阪弁護士会,公益社団法人関西経済連合会,大阪商工会議所,一般社団法人電子情報技術産業協会及び神戸大学との共催となります。
 CPRCでは,競争政策に関する国際的な交流拠点としての機能を果たすため,その時々の競争政策における重要な課題や関心を集めているトピックをテーマとしまして,海外から有識者を招き,国際シンポジウムを開催してまいりました。
 今回は,近年,国内外を問わず,プラットフォームビジネスやプライバシーと競争政策の関係について議論がなされている状況も踏まえ,プラットフォーム事業者の問題に対する競争法上のアプローチや個人情報保護と競争政策との関係性について議論を行うシンポジウムを開催することといたしました。
 お手元の資料にありますように,今回のシンポジウムの第1部では,トーマス・K・チェン香港大学准教授,泉水文雄神戸大学教授など,各国の有識者をお招きしまして,プラットフォーム事業者が取引の相手方に対して行うバーゲンニングパワーの濫用行為や事業活動を制限する諸行為について,各国のプラットフォーム・ビジネスの現状や関係する諸規制,その執行状況を踏まえた上で,今後,いかなる行為をいかなる執行体制の下でどのように規制していくべきか,議論を行っていただきます。
 第2部では「個人情報保護と競争政策」をテーマに,日欧の個人情報保護に精通した実務家の方々などをお招きいたしまして,個人情報保護に関連する日欧等の最近の動向を踏まえつつ,個人情報保護と競争政策の関係性や2つの政策の交錯が生じ得る局面における対応のあり方について議論を行っていただきます。
 現在,CPRCのホームページにおきまして,参加者を募集しておりますので,奮って御参加いただければと思います。本件の担当は経済取引局の経済調査室になります。

以上

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る