このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

(令和4年6月22日)令和3年度における企業結合関係届出の状況及び主要な企業結合事例について

令和4年6月22日
公正取引委員会

 株式保有、役員兼任、合併、分割、共同株式移転又は事業譲受け等(以下「企業結合」という。)が、一定の取引分野における競争を実質的に制限することとなる場合、その企業結合は、独占禁止法に基づいて禁止される。一定の要件を満たす企業結合計画については、それを実行する前に公正取引委員会に届け出なければならない(事前届出の義務)。公正取引委員会は、届出のあった企業結合計画等について、「企業結合審査に関する独占禁止法の運用指針(企業結合ガイドライン)」(平成16年5月31日公正取引委員会)に示された考え方に基づき、需要者にとって十分な選択肢が確保できなくなるような状況になるかどうか、つまり、競争が実質的に制限されることとなるかどうかという観点から審査(企業結合審査)を行っている。仮に当初の企業結合計画では競争を実質的に制限することとなると判断される場合であっても、当事会社が一定の適切な措置を採ることを公正取引委員会に申し出、当事会社が当該措置を講ずることにより、その問題を解消することができる場合がある。
 令和3年度における企業結合関係届出の状況と主要な企業結合事例の概要は、以下のとおりである(詳細は、別添1及び別添2を参照。)。

 

第1 令和3年度における企業結合関係届出の状況(別添1)

1 企業結合関係届出の状況

 令和3年度において、企業結合計画の届出を受理した案件は337件(対前年度比26.7%増)であり、このうち、「第1次審査の結果、独占禁止法上問題ないとして、排除措置命令を行わない旨の通知をしたもの」は328件、「より詳細な審査が必要であるとして、第2次審査に移行したもの」は1件、「第1次審査中に取下げがあったもの」は8件であった。
 また、令和3年度において審査を終了した案件のうち、届出を要しない企業結合計画(当事会社からの相談があったもの又は公正取引委員会が審査を開始したもの)に関するものは、14案件であった。
 以上の令和3年度に審査が終了した案件のうち、当事会社が申し出た措置を前提として独占禁止法上の問題がないと判断したものは3案件であった。

2 最近におけるデジタル分野の企業結合審査への対応(参考2)

 経済のデジタル化の進展を踏まえた最近におけるデジタル分野の企業結合審査への対応について取りまとめるとともに、「企業結合審査における内部文書の提出に係る公正取引委員会の実務」について取りまとめた。

第2 令和3年度における主要な企業結合事例(別添2)

 令和3年度に公正取引委員会が審査を終了した事例のうち,企業結合を計画している事業者の参考に資すると思われる10事例について、その審査内容を別添2のとおり、公表することとした。
 別添2に記載した10事例のうち、①当事会社が申し出た措置を前提として独占禁止法上の問題はないと判断した事例は1事例(事例3)、②経済分析結果を紹介している事例は3事例(事例2、3及び6)である。

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ先

公正取引委員会事務総局経済取引局企業結合課
電話 03-3581-3719(直通)
ホームページ https://www.jftc.go.jp/

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • ホームページ・プライバシーポリシー
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る