このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

海外当局の動き

最近の動き(2018年5月更新)

米国

米国司法省は,世界最大の鉄道機器供給業者の2社であるKnorr及び Wabtecが,従業員の引き抜きを禁止する取決めを違法に締結していたとして,両社を民事提訴するとともに和解案を提出

2018年4月3日 米国司法省 公表
原文

【概要】

 米国司法省(以下「DOJ」という。)は,世界最大の鉄道機器供給業者の2社であるKnorr-Bremse AG及びWestinghouse Air Brake Technologies Corporation(以下「Wabtec」という。)が,長年にわたり,お互いの従業員の引き抜きを禁止する取決め(no-poach agreements)(以下「引き抜き禁止協定」という。)を違法に締結してきたとして,両社をコロンビア特別区連邦地方裁判所に民事提訴するとともに和解案を提出した。この和解案が裁判所に承認されれば,競争上の懸念は解消され,従業員の引き抜きに関する競争は修復され,米国に利益をもたらすことになる。本件訴訟では,両社が鉄道機器供給業者Faiveley(2016年11月にWabtecが買収)との間で締結していた,同様の引き抜き禁止協定についても問題としている。
 また,DOJは,和解案の一部として,Knorr及びWabtecが本日の提訴以前にDOJに開示した他の引き抜き禁止協定については,民事提訴も刑事訴追も行わないことに合意した。
 DOJが提出した訴状によれば,Knorr及びWabtecは,プロジェクトマネージャー,エンジニア等の多様な技術を有する従業員の雇用に関しお互いに競争関係にある。訴状によれば,
 ・ 遅くとも2009年の初めには,Knorr及びWabtecは,事前の承認無しには勧誘活動を行わず,承認が得られない場合はお互いの従業員を引き抜くことはしないとする合意を締結していた。具体的な例として,2009年1月28日付けの文書において,Knorr Brake Company(Knorrの完全子会社)の幹部はWabtec本社の幹部に対して「我々は,お互いの社員を勧誘しないという慣習は両社にとって賢明な理由があると合意した。正しくあなたが述べたとおり,我々は市場においては競争する。」と宛てていた。
 ・ 遅くとも2011年の初めには,Knorr Brake Company及びFaiveley Transport North America(FaiveleyがWabtecに買収される以前のFaiveleyの米国子会社)は,お互いの従業員を勧誘する前に相手方の了承を得ることに合意した。例えば,2011年10月にKnorr Brake Companyの幹部はFaiveleyの米国子会社の幹部と議論し,「両社の間でお互いの従業員を引き抜かないことを合意するに至った。我々は求職しようとする者がいる場合には話し合うことに合意した。」と説明していた。
 ・ 遅くとも2014年の初めには,Wabtec Passenger Transit(Wabtecの事業部門)及びFaiveley Transport North Americaは,同様に,事前の承認無しにはお互いの従業員を勧誘しないことに合意していた。例えば,Wabtec Passenger Transitの幹部は,同僚に宛てた電子メールにおいて,「求人に応募してきた者は素晴らしい人物であるが,(Faiveley Transport North Americaとの)合意を破りたくはない。」と説明していた。
 訴状によれば,Knorr,Wabtec及びFaiveleyとの間の引き抜き禁止協定は,鉄道産業の労働者に関する競争を制限していた。すなわち,こうした労働者がより良い雇用機会にアクセスすることを制限し,彼らの流動性を制限し,彼らが雇用に関してより良い条件で交渉することに用いることができたであろう,競争上重要な情報を奪っていたのである。
 反トラスト法の下では,引き抜き禁止協定は,製品価格を拘束したり,顧客を分割したりといった,伝統的に刑事上の問題として調査され,ハードコアカルテルとして訴追されるような行為と同様,取り返しのつかない方法で競争を減殺するものである。2016年10月初めに,DOJは引き抜き禁止協定を締結している企業及び個人に対して重大犯罪として刑事訴追を行う意図がある旨を複数回公表してきた。DOJは,刑事訴追の裁量権の行使において,当該公表が為される前に形成かつ終結された引き抜き禁止協定は,民事手続によって提訴する方針である。Knorr及びWabtecの引き抜き禁止については,DOJが発見し,2016年10月以前に当事者は取りやめていた。このことから,DOJは民事手続を通じて競争上の懸念を解決することにした。
 提案された和解案の下では,Wabtec及びKnorrは,限定された例外を除いて,他の企業と引き抜き禁止協定を締結・維持・実行することが禁じられている。また,和解案では,Knorr及びWabtecは,将来的に反競争的なこのような行為を行わないようにするために,コンプライアンス措置を実施し,厳格に周知することが求められている。
 和解案には,法令の有効性及びDOJの将来の執行能力を向上させるための,複数の新しい対策が含まれている。例えば,両社は,今後命令違反の疑いが生じたときは,当該被疑行為に対しては低い立証水準が適用されること,アメリカの納税者に対して法令違反の調査・執行に係る費用を返金することに合意している。

英国

英国競争・市場庁は,新委員長に,元下院議員で財務特別委員会委員長,銀行規範に関する議会委員会委員長を歴任してきたAndrew Tyrie氏が指名された旨を公表

2018年4月11日 英国競争・市場庁 公表
原文

【概要】

 元下院議員で,財務特別委員会委員長,銀行規範に関する議会委員会委員長を歴任してきたAndrew Tyrie氏が,英国の競争当局の新委員長に指名された。
 英国競争・市場庁(以下「CMA」という。)の主な役割は,消費者,企業及び経済のために市場がうまく機能するようにすることであり,合併,市場,規制産業に対する調査を担当するとともに,競争法及び消費者法の執行を担当している。
 Tyrie氏は,銀行規範に関する議会委員会(主要金融機関におけるガバナンス改革に関する同委員会の勧告が現在実施されている)の委員長,リエゾンの委員長,特別委員長委員会の委員,2010年から2017年までは財務特別委員会の委員長を務めていた。
 また,Tyrie氏は,投資管理及び不動産会社での取締役経験を含む財務及びビジネス経験を有し,法律事務所DLA Piperの顧問も務めている。

 Greg Clarkビジネス・エネルギー・産業戦略大臣は次のように述べている。
「CMAは,競争の促進と,消費者,企業及び経済のための市場創出に不可欠な役割を担っている。
Andrew Tyrie氏は,特別委員会委員長として優れた実績を持ち,この重要な時期にCMAを率いるのに理想的な,実績ある消費者の擁護者であり競争の支持者である。彼が,政策,経済及び財務に関する広範な経験を生かして,Brexit後のCMAを,世界をリードする規制・執行当局の1つにすることに疑いはない。」

 Andrew Tyrie氏は次のように述べている。
「議会の支持を得て,私はこの役職に就くことを喜ばしく思っており,質の高いCMAのBoard(注)やスタッフと働くことを楽しみにしている。
 何百万人もの人々の利益のために市場を機能させることが,CMAの全てである。今後数年間で,CMAは英国の経済実体の中心に更に近づき,全ての部門に影響を及ぼし,独占や不公正な取引慣行を一掃し,さらに,英国の世界的な競争力を強化することができるし,すべきである。」
 
 CMA委員長への就任は,ビジネス・エネルギー・産業戦略省特別委員会の事前審理の対象となる。
 David Currie現CMA委員長は,新委員長承認後に辞任することになる。

(注)委員長,主席常任委員,常任委員及び非常任委員から構成される合議体

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る