このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公正取引委員会
  • サイトマップ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • 公正取引委員会について
  • 報道発表・広報活動
  • 相談・手続窓口
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • CPRC(競争政策研究センター)
サイトメニューここまで

本文ここから

海外当局の動き

最近の動き(2018年7月更新)

米国

米国司法省,自動車用鋼管に係るカルテルを行っていたとして2016年6月に米国司法省に正式起訴されていたマルヤス工業が有罪答弁を行い,1200万ドルの罰金を科された旨公表

2018年5月31日 米国司法省 公表

原文

【概要】

 愛知県に本社を置く自動車部品メーカーのマルヤス工業は,米国及びその他の地域で販売される車両に使用される自動車用鋼管について,価格カルテル,受注調整及び顧客分割を内容とする共謀に参加していた旨の有罪答弁を行い,1200万ドルの罰金を科された。
 自動車用鋼管は,燃料供給,ブレーキ,その他の自動車システムに使用され,シャーシチューブとエンジン部品の2つのカテゴリに分類される場合がある。ブレーキチューブや燃料チューブ等のシャーシチューブは車体に使用されることが多く,燃料噴射レール,オイルレベルチューブ,オイルストレーナーチューブ等のエンジン部品はエンジン機能に関係している。
 マルヤス工業は,2016年6月15日にオハイオ州南部地区連邦地方裁判所で大陪審が発付した正式起訴状に記載されている罪状の一部について有罪を認めた。有罪答弁合意書によれば,マルヤス工業は,日本の自動車メーカーが調達し,米国で販売される車両に使用される自動車用鋼管について,価格カルテル,顧客分割及び受注調整を内容とする共謀に参加することにより,シャーマン法に違反して,競争を制限及び排除していた。
 また,マルヤス工業の100パーセント米国子会社であるCurtis-Maruyasu America Inc.及びマルヤス工業幹部4名も正式起訴されていたが,マルヤス工業に対する裁判所の判決と同時に,米国司法省はCurtis-Maruyasu America Inc.及びマルヤス工業幹部3名に対する起訴を取り下げた。幹部3名は,本件共謀行為に関連する他の調査について,政府に協力することが求められる。
 米国司法省のマカン・デラヒム反トラスト局長は「自動車部品産業における広範な共謀行為に対する反トラスト局による訴追は,29億ドル以上の罰金並びに46社及び32人の幹部に対する有罪判決をもたらした。」と述べている。
 

英国

ファイザー及びフリン・ファーマによる医薬品の高価格設定について,競争審判所が英国競争・市場庁の決定を取り消し,差し戻す審決

2018年6月7日 英国競争・市場庁 公表

原文

【概要】

 2016年12月,英国競争・市場庁(以下「CMA」という。)は,医薬品メーカーのファイザー及び医薬品卸売業者のフリン・ファーマが,抗てんかん薬のフェニトインナトリウムカプセルの価格を不当に高価に設定する行為が競争法に違反するとの決定を下した。本件は,2012年9月に抗てんかん薬の価格が,生産費用に実質的な変化は無いにもかかわらず,大幅に引上げられたことに対して,NHS(National Health Service:国民医療制度)並びにそれを利用する患者及びそれを支える納税者を保護する観点からCMAが介入したものである。
 本日,競争審判所は,本件が公益の観点から重要な事件であることを強調した。CMAは,競争審判所が「CMAの決定には同意する点が多くある。」と述べ,市場画定及び市場支配的地位についてのCMAの認定が支持されたことは喜ばしいとしている。
 しかし,競争審判所は濫用行為に関するCMAの認定を棄却し,更なる検討のため事件をCMAに差し戻すこととした。競争審判所は,価格の引上げ幅によっては濫用の認定も可能としつつ,濫用行為の認定を認めておらず,CMAはこれを遺憾とする。
 CMAは,2016年12月,ファイザーとフリン・ファーマによる行為は特に重大な法違反であるとして,総額約9000万ポンドの制裁金を課す決定を下していた。例えば,100mgカプセルのパックでの薬価は2.83ポンドから67.50ポンドに上昇し,これは欧州各国の薬価よりも数倍高いものであった。また,これによって,フェニトインナトリウムカプセルに関するNHSの支出は,2012年に約200万ポンドから2013年に約5000万ポンドに増加していた。
 CMAは,本件のフェニトインナトリウム及び他の幾つかのジェネリック医薬品について,価格が不当に高価に設定され,NHSに数千万ポンドのコストをもたらしていることを深刻に受け止めている。今回の審決は,現在,CMAが行っている複数の事件審査に深刻な遅れをもたらすおそれがあり,また,NHSが幾つかの医薬品について必要以上の支払を続けるとともに,これら医薬品に費やされた過剰な支払を回収できないリスクを負うことを意味する。
 CMAは,本日の審決に失望するとともに,これを精査している。今後,NHSの重要性と同様の事例への潜在的影響を踏まえ,控訴することを検討している。 

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公正取引委員会 Japan Fair Trade Commission

〒100-8987 東京都千代田区霞が関1-1-1 電話 03-3581-5471(代表)
  • ご利用案内
  • 関連リンク
  • 所在地
Copyright © 2013 Japan Fair Trade Commission. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る